Fineとは

代表挨拶

不妊体験者を自ら「支援」する団体です。

Fineは不妊体験者による、不妊体験者のための、セルフサポートグループです。

「どんな活動をしているの?」と訊かれると、ひとことで表現できなくて困るのですが、私たちの理念に基づき、不妊でつらく悲しい思いを味わったことのある仲間たちのために、さまざまな活動を行なっています。

不妊当事者が孤立しないために

私たちがめざすのは「パイプ役」です。

不妊当事者同士、当事者と医療機関・行政機関・企業・社会全体…。

自分一人では声を上げづらい当事者の声を集めて届け、そして周囲の声も当事者に届ける。当事者と、すべての周囲との橋渡しになれればと考えています。

「現在・過去・未来の不妊体験者」を幅広くサポート

私たちのサポートは、治療真っ最中の人だけではありません。

不妊かもしれないと不安に思う未婚の方や、治療によって子どもを授かったけれど育児で深く悩む方、実子以外の選択も考える方、もう子どもはあきらめたけれど、割り切れなくて……という方など、幅広くサポートしています。

自分自身が体験したからこそ

スタッフは全員が不妊体験者です。だから不妊がどれだけつらいか、身をもって知っています。

メンバーの中には、現在も治療をがんばっている人はもちろん、治療の末に出産した人、夫婦二人の生活を送っている人、養子縁組をした人、治療を中断中の人、また、医療機関に頼らずに体力づくりをしながら授かるのを待つ人など、さまざまな人がいます。

けれども、みんなの思いはひとつです。

今、どこかで悩んでいる人がいたら、そのつらさを少しでもやわらげることができないか。

ひとりぼっちで泣いている人がいたら、手を差しのべられないか。

孤独にさいなまれている人がいたら、仲間がいることを伝え、その仲間同士の輪をもっと全国中に広げられないか。

「そのために、私たちに何ができるかな?」というところから、Fineが誕生しました。

もしもあなたが不妊でつらい思いをしているとしたら……

ここには、たくさんの仲間がいます。

ぜひ、いつでもいらしてください。私たちは、あなたを歓迎します。

NPO法人Fine 理事長 松本亜樹子(杉嶋奈津子)

ページの先頭へ