『不妊治療のやめどき』
NPO法人Fine理事長・松本亜樹子(妊活コーチ)
 WAVE出版 定価(本体1400 円+税)


 
 
私たちが一番知りたかった 不妊治療・その後の物語
 
「結婚したら、子どもがいてアタリマエ」
でも、妊娠・出産は、思いのほか高いハードルだった。
思い切って不妊治療を始めても、すぐには授からない現実にぶつかる当事者たち。

「望みが薄いとわかっていても、不妊治療をやめられない」
時間もお金も情熱も費やし、キャリアをあきらめ、それでも念願の子どもを抱けなかったら……。
「この先の人生、私はどう生きていったらいいの?」
根底にあるのは、先の見えない不安ではないでしょうか。

体外受精などの高度生殖医療(ART)を受けても、
実は、妊娠・出産できるのはせいぜい20%程度にしかすぎません。

では、妊娠しなかった大勢の人は、その後、どうしているのでしょう?

「子どものいない人生なんて考えられない。生きている価値がない」
そう思って治療を続けてきた人が不妊治療をやめたら……?

だいじょうぶ。(^^)
それぞれが、自分の人生を輝かせながら、ちゃんと前を向いて歩いています。

NPO法人Fineを立ち上げ、妊活コーチとして活躍、5000人以上の体験者に接してきた松本亜樹子が、読者と一緒に“不妊治療のHappyとゴール”のヒントを探ります。
   
【内容】
[第1章]すぐに妊娠できると思ったのに・・・不妊治療をやめられない現実
 [第2章]治療のやめどきを意識したら・・・迷っているあなたへの9つのヒント
 [第3章]不妊治療その後の物語・・・16人の体験談
 [第4章]不妊治療やめどき・・・専門家からのメッセージ
     (産婦人科医・胚培養士・心理士)
 WAVE出版⇒
      
【おすすめポイント】     
不妊治療とその後、さまざまな体験談が紹介されています
たとえば・・・
45歳で治療をやめ、天職に出合った人、
10年間の治療で21回の採卵をした人、
37歳から46歳まで治療をした人、
14年間の治療を次の人生の経験に生かした人、
特別養子縁組をした人、里親として子どもを迎えた人・・・
など16名の体験談を紹介。
Fineメンバーが体験談で登場しています!
Fine公認ピア・カウンセラーが紹介されています!
     
【本書を読まれた方の感想が、続々と寄せられています!】
 amazonレビュー⇒
不妊治療の継続に悩む当事者だけでなく、現在治療中の方、これから治療を考えている方、そのまわりの方、医療関係者など、多くの方におすすめの一冊です。
あなたも、ぜひご感想をお寄せください。
(このページの上にバナーがあります。または、amazonレビューをご利用ください)
【著者紹介】
妊活コーチ
NPO法人Fine理事長 
一般社団法人 日本支援対話学会理事
長崎県長崎市生まれ
 
コーチ、人材育成・企業研修講師、フリーアナウンサーとして全国で活躍。  

自身の不妊の体験を活かして『ひとりじゃないよ! 不妊治療』(共著)を出版。それをきっかけに2004年、NPO法人Fine~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~を立ち上げる。
  

「今、どこかで悩んでいる人がいたら、そのつらさを少しでもやわらげることができないか。仲間がいることを伝え、その仲間同士の輪をもっと日本中に広げられないか」との思いから、NPO法人Fineの活動を通して、孤独になりがちな不妊体験者をサポートしている。
   
 
 
 本の紹介チラシ1
 本の紹介チラシ2
 松本亜樹子オフィシャルブログ
 
 
 
 【Fineの参考ウェブサイト】
 Fine主催 不妊ピア・カウンセラー養成講座(eラーニング)
 Fineのカウンセリング活動について
 不妊を体験した後、子どもがいない人生(生活)を歩んでいる方の会「Fine Spica(スピカ)」
 
出版記念イベント
終了しました。ありがとうございました。
当日の様子は、こちらで紹介しています。
⇒ Fineスタッフブログ
⇒ 松本亜樹子オフィシャルブログ
 

Copyright (C) Fine All Rights Reserved.