ちぱりん   居住地 大阪府

Q1:なぜこの講座を受けようと思ったの?
不妊治療卒業後、友人から不妊相談を受けることが増えたのがきっかけで、自分の経験が役に立つのならばと思い、まずはFineのサポートメンバーになりました。その後、不妊当事者同士の懇親会やFine祭りなどで活動していくうちに、もっと不妊で悩んでいる方の心理を勉強しサポートしていきたいと思うようになり、この講座の受講を決意しました。
Q2:受講中や、認定を受けた時の気持ちを教えて
スクーリングは頭をフル回転させてかなりハードでしたが、認定をいただけた時はがんばって良かった!という達成感と同時に、身の引き締まる思いがしました。
Q3:受講中、大変だったことは?
年3回のスクーリングに大阪から通うのが大変でしたが、家族のサポートもあり、無事全日程を受講することができました。また、逐語録作成は想像以上に時間がかかり、何度も何度も練り直しました。
Q4:やってよかったな〜と思うこと
不妊治療中は周りに仲間がいなくて「どうして私だけ・・・」とずっと孤独を感じていました。しかし、この講座を受講して同じ痛みを分かち合える仲間に出会え、「私だけじゃなかったんだ」と感じることができ、自分の気持ちの整理ができました。この出会いは私の人生の宝物です?
Q5:資格をどう生かしてる? 現在の活動を教えて
今は関西支部のサポートメンバーとして不妊当事者同士の懇親会のお手伝いなどをしています。同じ不妊を経験した仲間同士で話せる場がほしいというお声が多いので、これからも懇親会を定期的に開催したいと思います。また、今後は面接カウンセリングや、マナティー・クラブ(不妊を経験したことがある方の妊娠・出産・育児をサポートするグループカウンセリング)などもやってみたいと考えています。
Q6:実際に活動していての感想は?
懇親会で初めは緊張されていた方も最後には参加者同士で連絡先を交換されている姿を見ると、同じ不妊を経験した仲間としてとても嬉しく思いますし、皆さん話す場を求めていらっしゃるんだなぁと実感します。
友だちの妊娠、子連れの集まり、家族写真の年賀状など・・・ザワザワしちゃいますよね。あなたは一人ではありません。たくさんの仲間がいます。一人で抱え込まず、私たち仲間にいろいろな気持ちを話して心を軽くしていってくださいね。
Q7:今、不妊に悩んでいる人へ
あなたは、ひとりぼっちではありません。
私も不妊体験を通していろんな気持ちになったり、悩んだりしました。
あなたの仲間として、よかったらお話を聴かせてください。
「悩むまではいかないけど、ちょっとモヤモヤした気持ちを聴いてほしい」という方も、もちろんお待ちしています。
Q8:ピア・カウンセラーを目指しているひとへ
私にできるかな・・・と迷われている方もいると思います。私もその一人でした。
今は「あの時、勇気を出して受講を決めて良かった」と心から言えます。あなたのサポートを必要としている人がいると思います。一緒に活動していきましょう!
Q9:自己PRをどうぞ
私自身不妊治療中は、自分の感情に蓋をして自分で自分を苦しめていました。ある時、不妊を経験された方とご縁があり、勇気をだして会いに行きました。初対面にも関わらずとても安心感があり、心が軽くなりました。
“カウンセリング”と聞くとちょっと勇気がいるかもしれませんが、気軽にお話しにいらっしゃいませんか?私と同じように心が軽くなるかもしれません。
カウンセリングを通して同じ、不妊を経験した仲間として、不妊で悩んでいる方の心に寄り添い、自分らしく生きていける方法などを見つけるお手伝いをしていきたいと思っています。