加納 由絵   居住地 東京都
   
Q1:なぜこの講座を受けようと思ったの?
私自身が不妊治療を受けていた頃は、不妊治療当事者への心理面でのケアやサポートという社会的な意識がありませんでした。そのため、誰にも話を聴いてもらえないし、相談もできないような時代でした。そうした経験から、いつでも安心して気兼ねなく不妊治療について相談ができる場所を提供したいと思い、Fine不妊ピア・カウンセラー養成講座を受講したいと思いました。
Q2:受講中や、認定を受けた時の気持ちを教えて
他の機関でカウンセリングについて学習していましたが、Fine不妊ピア・カウンセラー養成講座では、知識や技法だけでは解決できない問題に対する取り組み方や考え方を基礎から教えていただきました。受講中は自分の中の解決できていなかった悩みや問題とあらためて向き合う機会を得ることができました。また自分自身の心を整えることにも役立ちました。
Q3:受講中、大変だったことは?
自分が不妊治療を受けていた頃と現在実施されている不妊治療の違いに追いつくことや、自分流になってしまっていたカウンセリングを見直すことなどに苦労しました。
Q4:やってよかったな〜と思うこと
カウンセリングに対する理解が深まり、さらに勉強したくなりました。
またFine不妊ピア・カウンセラー養成講座やその後のFineでの活動を通してすてきな方々と知り合うことができました。
Q5:資格をどう生かしてる? 現在の活動を教えて
Fineの面接カウンセリング、電話相談、Fineマナティー・クラブなどに携わっています。
また自分自身の経験から、出生前診断や余剰胚への悩み、そして心の痛みに寄り添えるカウンセリングを目指して、現在、上智大学グリーフケア研究所で死別や生命倫理などについての臨床演習を受けています。
Q6:実際に活動していての感想は?
とても勉強になります。カウンセラー仲間ができます。
Q7:今、不妊に悩んでいる人へ
悩みやつらさは一人で抱え込まずに、まずは言葉にして話してみてください。
誰かに話すだけで、気持ちが軽くなったり、整理ができたり、寂しさや孤独感がグッと和らぐと思います。
Q8:ピア・カウンセラーを目指しているひとへ
不妊の経験者でなければできないことがあります。
あなたの貴重で大切な経験を、誰かのために役立ててあげてください。
すでにカウンセラーとして活動している方にとっても、ご自身の振り返りに、とても有意義な勉強ができると思います。
Q9:自己PRをどうぞ

アダルトチルドレン、トラウマ、不妊でお悩みの方の心のケア&サポートカウンセリングを行なっています。アダルトチルドレンや対人不安などで悩みながら不妊治療を受けている方の心のケアやサポートカウンセリングをしています。面談中は、お悩みに合わせてブレンドしたあなたのためのサロンオリジナルブレンドのハーブティーをお出ししています。

CBTカウンセリングサロン http://hanatukiyo.life/
東京(神楽坂・錦糸町)・千葉(柏の葉)
オンラインカウンセリング・電話・メールカウンセリング
【アメブロ】http://ameblo.jp/hanatukiyo-life

【資格など】
・Fine認定ピア・カウンセラー
・日本推進カウンセラー協会認定心理カウンセラー・認知行動療法士
・電話カウンセリングボイスマルシェ相談員
・NPO法人日本ゲートキーパー協会ゲートキーパー
・JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター