春木レラ   居住地 長野県長野市

Q1:なぜこの講座を受けようと思ったの?
不妊治療中もっと気軽に相談できたり、不妊の気持ちをわかちあう場があるといいなと思っていました。そんな時、Fineのウェブサイトを見てピア・カウンセラーの養成講座があることを知り、これが「私にできること」ではないかと思い、申し込みました。もともと心理学には興味がありましたが、自分の経験が同じように不妊で悩んでいる方の役に立てたらと思いました。
Q2:受講中や、認定を受けた時の気持ちを教えて
受講中は、自分の不妊の状態や気持ちに向き合うことになるので、治療中の疑問が解けたり、気がつかなかった自分の気持ちや夫の気持ちに気づくことができました。認定を受けた時は、本当にうれしくてがんばった自分をほめることができました。
Q3:受講中、大変だったことは?
私たちの時はeラーニングがなかったので毎月東京まで通いました。行き帰りの電車の中は爆睡でした。でも、同期と会えることが励みになっていました。
(事務局注釈)2012年5月より自宅で学べる“eラーニング”に変更されました。年に3回スクーリングを東京で開催しています。
Q4:やってよかったな〜と思うこと
同期に会えたこと。認定を頂いた後もお互い支え合い、刺激し合って活動しています。
また、繰り返しやったロールプレイは、面接カウンセリングに活かされていると思います。授業で習ったことを自分の言葉にしていったことが良かったと思います。
Q5:資格をどう生かしてる? 現在の活動を教えて
現在、長野支部として面接カウンセリングを実施させていただいています。また、支部のメンバーとランチ懇親会を開催しています。長野市での活動が主ですが、今年は松本市でのおしゃべり会の開催も考えています。
Q6:実際に活動していての感想は?
ランチ懇親会は、予想以上の申し込みがあってうれしいのですが、不妊のことを不妊ではない人には話しづらく一人で抱えている方が多い印象です。
ランチ懇親会では、「普段話せないことが話せた」「自分だけではないことがわかってよかった」「気持ちがすっきりした」「ネットの書き込みはよく見るが、顔が見えて安心した」「思いを共有する時間がとれてよかった」「また参加したい」などの感想をいただきました。今後も不妊のことを、気兼ねなく話せる場を作っていきたいと思います。
Q7:今、不妊に悩んでいる人へ
一口に不妊と言っても、様々な原因や治療法があってみんな「同じ」ではありません。でも、赤ちゃんが欲しいと思って努力しているのに授からない、出産まで至らないという思いは同じではないでしょうか。治療が上手くいかなかった時の落ち込み、判定までの期待と不安、周囲の何気ない一言に傷つき、苛立ったり、時には無力感にさいなまれることもあります。決して一人で悩まないでください。きっと「ピア(仲間・同士)」の存在に助けられると思いますし、あなたも人を助けることができると思います。
Q8:ピア・カウンセラーを目指しているひとへ
私は不妊という劣等感が、ピア・カウンセラーとして活動することで自己肯定感に変わっていくのを感じています。同期や養成講座のスタッフの方が支えてくれます。認定を受けた後のフォローもありますので、ご自身の経験を是非人のために活かしてください。そして一緒に活動できる日を心待ちにしています。
Q9:自己PRをどうぞ
不妊のことを相談できる場や気兼ねなく話せる場があることが大事だと思っていますので、無理なく継続していきたいです。
『ピア〜不妊に悩む方へのページ〜』
面接カウンセリングFineの活動を長野のみなさんへお知らせしています。
http://peer.naganoblog.jp/
『風のさんぽ道』
長野での活動や普段思うことなどをブログに書いています。
http://rera.naganoblog.jp/