のぐち   居住地 三重県
 
Q1:なぜこの講座を受けようと思ったの?
私自身、治療を受けていた時に、不妊治療のことを誰かに話したくても、その相手を見つけられずにいました。気持ちがわかってくれる人の存在が本当に欲しくて・・・。
だからこそ、自分がその立場になりたいと思いました。
Q2:受講中や、認定を受けた時の気持ちを教えて
受講してみて、不妊のつらさ、喪失感、孤独感を味わうことは、ある意味当然のことだったのかな・・・と思えて楽になりました。これまでの自分の思いを客観的にみる訓練にもなったと思います。現在不妊専門のクリニックでもご活躍の平山先生、小倉先生から直接学ばせていただき、大変貴重な機会をいただきましたことを感謝いたします。
また、私の同期は全国から受講のために東京へ集まってきており、「日本全国に同じような思いをしている仲間がいる!」と思えたこと、そしてお互いに励ましあえたことが、今でも私の財産です。
Q3:受講中、大変だったことは?
時間や旅費、ホテル代をやりくりして、毎月東京へ通ったことです。
あと、模擬カウンセリングの相談者になってくださる方がなかなか見つけられずに大変でした。
(事務局注釈)2012年5月より自宅で学べる“eラーニング”に変更されました。年に3回スクーリングを東京で開催しています。
Q4:やってよかったな〜と思うこと
私の不妊治療の体験が、少しでも誰かのお役に立てれば、こんなに嬉しいことはありません。
Q5:資格をどう生かしてる? 現在の活動を教えて
月1回、公共施設を利用してピア面接カウンセリングを実施しています。
Q6:実際に活動していての感想は?
不妊治療をしているつらい気持ちは、誰にでも話せる内容ではなく、やはりつらい気持ちを理解してくれる相手だとわかるからこそ、ようやく話ができる内容なのだと思います。
Q7:今、不妊に悩んでいる人へ
Fineは不妊でつらい経験をされた人たちの集まりです。
仲間がいることで安心できるし、あなたの居場所にもなります。
Fineでは、それぞれの地域でおしゃべり会や各種イベントを実施しています。
もしよろしければ、気楽に遊びに来られたらいいと思います。
もちろん、ピア面接カウンセリングでもお話を伺うことができます。
お話をしていく中で、自分自身の心の気づき、また言葉にできない思いを整理するのに、カウンセリングはきっと役に立つと思います。
Q8:ピア・カウンセラーを目指しているひとへ
私は、自分にとって不妊治療ってどういう意味をもっていたのか・・・と考えたことがあります。
そして、その答えは・・・よくはわからないけれど・・・自分の成長につながったかなと思っています。もしかしたら、そう思いたいという自分がいるのかもしれません。
私の小さな経験でも誰かの役に立つとしたら、嬉しいなって・・・。
ピアとして、ピアだから、不妊のつらさが理解できる・・・そう思っています。
Q9:自己PRをどうぞ
カウンセリングというと少し敷居が高く感じるかもしれませんが、同じ不妊を経験した仲間(ピア)としてお話を伺わせていただいています。私はみなさんの胸の内に、必ずご自身にあった解決策があると信じています。お話をされることで、言葉にできない思いや心の整理のお手伝いができるのではないかと思っています。
Fineピア面接カウンセリングが、少しずつでも長期的に継続して行なえればいいなと思っています。そして、不妊で悩んでいる人に寄り添えることができればと願っています。