堀田 敬子   居住地 大阪府豊中市
   
Q1:なぜこの講座を受けようと思ったの?
カウンセリング心理学を専門学校で勉強し、カウンセラーとして活動しようと思った時に、経験した不妊当時がつらかったことを改めて思いだし、不妊当事者の援助をと絞り込んでさらに調べたら、Fineのピア・カウンセラー養成講座にたどり着きました。
Q2:受講中や、認定を受けた時の気持ちを教えて
講座の内容は、高度生殖医療に関する知識から、カウンセリングの理論や実践まで幅広くて詳しく、試験も結構厳しかったので、認定されてとても嬉しかったです。
Q3:受講中、大変だったことは?
大阪から、月一で通って東京で受講しました。
受講費用が、東京在住の方の3倍かかったと思います。
行くことを楽しんではいましたが、やはり長距離の移動と経済的負担は大変でした。
(事務局注釈)2012年5月より自宅で学べる“eラーニング”に変更されました。年に3回スクーリングを東京で開催しています。
Q4:やってよかったな〜と思うこと
同じ思いで勉強する仲間に出会えたことです。
自分の体験をもう一度振り返る機会にもなりましたし、その自分に、今できることを再認識でき、活動の方向を決められたのも仲間と一緒に学べたからだと思います。
Q5:資格をどう生かしてる? 現在の活動を教えて
不妊カウンセリングの実践は、『カウンセリングルームwith』(URL:https://www.counseling-with.com/)を個人で立ち上げ活動しています。
その他には、公共の男女共同参画センターの女性相談員を務めています。
そこでは、不妊に限らない年齢もさまざまな女性の相談(離婚や子育て、生き方など)を受けています。
Q6:実際に活動していての感想は?
カウンセリングは昔と比べてずいぶん敷居は低くなっているとは感じますが、まだまだ抵抗があるようです。
話すということは大事なことだと思うので、もっと気軽に受けてほしいなと思います。
Q7:今、不妊に悩んでいる人へ
自分が経験したのは15年も前の話なのに、話す人がいない、治療がつらいという気持ちが、今の不妊当事者も全く変わらないことを感じています。
誰かに話をすることで元気になって、治療に振り回されない生活を、送ってもらえたらと思います。
Q8:ピア・カウンセラーを目指しているひとへ
心理学を学ぶことは自分のためにもなります。
それにピア・カウンセラーは必要な存在だと日々実感しています。
やりがいもありますが、カウンセラーとして活動していくためには、学び続けることが必要だということも忘れないでほしいと思います。
Q9:自己PRをどうぞ
大阪府豊中市で『カウンセリングルームwith』を主宰しています。
URL:https://www.counseling-with.com/
そこでは、不妊カウンセリングが中心ですが、それ以外の相談もお受けしています。
  *面談カウンセリング(個人・カップル)
  *アートセラピー
  *フォーカシング
  *TCカラーセラピー etc・・・を行なっています。
資格:Fine認定ピア・カウンセラー、上級心理カウンセラー、家族相談士、TCカラーマスターセラピスト