ゆきえ   居住地 石川県

Q1:なぜこの講座を受けようと思ったの?
私が不妊体験を振り返ったときに一番つらかったことは、親友にも、母親にも、そして夫にさえも言えない複雑な気持ちを抱えていたことです。そこで、安心して話せる場をこの北陸で作りたいと思い、不妊ピア・カウンセラー養成講座の受講を決めました。
Q2:受講中や、認定を受けた時の気持ちを教えて
不妊の心理を学んでいたときに、「あのときの感情や行動はごく自然の反応だったのかな」と思うことができ、救われたような気持ちになりました。
Q3:受講中、大変だったことは?
課題の一つである試行カウンセリングで、一般の方のクライアントを見つけることが大変でした。
またその内容を一言一句文字に起こす逐語録を作成するのに、予想以上に時間がかかり、こちらも大変でした。
Q4:やってよかったな〜と思うこと
傾聴の難しさと大切さをひしひしと感じたことです。
受講中、自分では相手の話を聴いているつもりでしたが、聴けていないことが山ほどあることに気づかされました。
Q5:資格をどう生かしてる? 現在の活動を教えて
現在、石川県金沢市の公共施設で2カ月に1度、Fineの面接ピア・カウンセリングを行なっています。また、季節ごとにランチ懇親会を開催し、妊活仲間同士が気兼ねなくおしゃべりをする場を設けています。
今後、北陸在住のサポートメンバーやピア・カウンセラーが増えてきて、北陸支部を立ち上げられたらいいなと思っています。
Q6:実際に活動していての感想は?
実は活動前に、地方の場合は活動を予定してから実際にご予約をいただくまで、数カ月〜1年はかかるだろうと聞いており、とても気長に考えていました。
しかし、実際に活動を始めてみるとありがたいことに翌月からご予約をいただき(!)、コンスタントに活動している状況です。北陸で(不妊や妊活について)話せる場が求められていることを強く感じています。
Q7:今、不妊に悩んでいる人へ
あなたは、ひとりぼっちではありません。
私も不妊体験を通していろんな気持ちになったり、悩んだりしました。
あなたの仲間として、よかったらお話を聴かせてください。
「悩むまではいかないけど、ちょっとモヤモヤした気持ちを聴いてほしい」という方も、もちろんお待ちしています。
Q8:ピア・カウンセラーを目指しているひとへ
誰かの役に立つための学びだけではなく、自分自身の不妊経験を整理する貴重な機会になると思います。
Q9:自己PRをどうぞ
私がピア・カウンセラーとして思うことや活動について書いた、個人のブログがあります。
興味を持たれた方は、ぜひご覧くださいませ^^

「北陸発(石川・福井・富山)☆明るい妊活ブログ」
http://ameblo.jp/peer-kanazawa/