(岡山二人クリニック院長・林 伸旨先生)

Fineってこんなカンジ

医療従事者の声

私のとって、Fineは
「良質な医療提供を行なうための組織」を
創っていくパートナーです。

(岡山二人クリニック院長・林 伸旨先生)
http://www.futari.or.jp

あなたにとってFineとは?
Fineを知って、もっと「良質な医療を提供する医療機関を創りたい」と思うようになりました。
私にとってFineは、大切な医療ニーズを把握し、「良質な医療提供を行なうための組織」を創っていくパートナーです。
Fineや不妊について思ってることを教えてください。
「妊娠できていない状態=病気」ではありません。子どもができないことを悩みに思ったことがあるカップルは、二人目以上も加えれば4組に1組。その中には医学的支援を希望しなかったカップルもいるでしょうが、現在も日本で数10万カップルが治療を受けられていると思われます。治療を受けられても妊娠されなかった方もいると思いますが、医療的支援により約7割のカップルには妊娠がもたらせると期待できます。

少子化で社会全体が困ってる今、「晩婚化の解消」とともに、「挙児希望者が治療に臨める環境設備」が必要と思います。

ところで「不妊」という言葉は、実はあまり好きな言葉ではありません。「望妊」の方がよくないでしょうか?
Fineに今後、どんな活動や役割を期待しますか?
不妊体験者だけでなく、社会全体をよりよい方向にするNPO法人に育ってほしい。もっと参加者が増えればよいですね。

ページの先頭へ