Fineを応援する

プレスの方へ

不妊当事者への取材なら、まずはFineにアクセスしてみませんか?

「正しい情報を」「生の声を」は双方のニーズ

「不妊や、不妊治療を正しく知ってほしい」。
こうした当事者のニーズと、「当事者の生の声を伝えたい」というメディアのニーズの懸け橋になるべく、Fineでは可能な限り、さまざまな取材依頼に対応しています。
近年、「不妊」という文字はメディアで多く見られるようになってきましたが、まだまだ一般の人々が持っている不妊に関する情報や理解は十分とはいえません。不妊についての啓発には、メディアの影響力が必要です。また一人で悩んでいる不妊当事者や、不妊の現状を知らない方々に、私たち不妊当事者団体の存在や活動をもっと知ってもらうためにも、メディアの皆さんのご協力は欠かせないものです。

アンケートでわかる当事者の声

Fineでは、随時、さまざまな種類のアンケートを実施し、当事者ニーズの把握に努めています。その結果をプレスリリースや学会、講演、ウェブサイト等で発表し、当事者の声をできるだけ多くの場所で伝えています。またアンケート以外にも、当事者の生の声や体験談、不妊(治療)に関する資料やデータ等の提供にもお応えしています。

Fineや当事者への取材を希望される方へ

私たちが一番大切にしたいのは、取材を受ける当事者の「気持ち」です。 そのため取材ご依頼をいただいた際には、取材を受ける当事者の気持ちを傷つけるのを極力避けるためにも、事前に取材申込書へのご記入をお願いしています。 また、取材の際に一定のルールを守っていただけるようお願いしています。
これまでに取材の依頼をいただいたメディアの方たちとは、信頼関係を築いたうえで、ご協力させていただいています。 新たに私たちにアクセスしてくださる皆さまとも、そのような関係が築けることを望んでおります。
どうぞ、ご理解とご協力をお願いいたします。


メディア:新聞

2013年
1月24日・25日 西日本新聞社 取材
1月15日 日経新聞 掲載
1月14日 日経新聞 取材

メディア:テレビ・ラジオなど

2013年


メディア:雑誌、ウェブサイト、書籍

2013年
2月 携帯サイト『Umoo!』に「ピアカウンセリングの現場から」寄稿
1月 携帯サイト『Umoo!』に「ピアカウンセリングの現場から」寄稿

ページの先頭へ