活動を知る

Fine主催イベント報告レポート

Fine祭り2016全国おしゃべり会special in 福岡

「一人で参加なので不安でしたが、ざっくばらんに話をすることができて心がすっきりしました」

(参加者の感想)

【第一部】体験談発表
【第二部】当事者同士のおしゃべり会、不妊スペシャリスト相談
第一部では、ふだん聞く機会の少ない不妊当事者の悩みや心との向き合い方、夫婦の関わり方など、不妊体験者の生の声をお届けしました。第二部のおしゃべり会では、不妊当事者同士で日ごろは話せない妊活や不妊にまつわる悩み、治療の話などを語り合い、不妊治療の参考や妊活について考えるきっかけづくりの機会にしました。仲間と交流することで「ひとりぼっちじゃないよ!」というメッセージを発信しました。また、不妊症看護認定看護師さんと認定臨床エンブリオロジスト(胚培養士)さんに、不妊治療等に関する悩みや日ごろ抱えている疑問・質問ができる個別相談(無料)を行ないました。

開催日:2016年12月4日(日)13時00分〜16時00分
開催場所:リファレンス 大博多ビル貸会議室 1109号室
参加費: Fine正会員・賛助会員・PASサポーター
Fine祭り協賛:無料(2名まで)
Fine エール会員・Fine SNS会員・一般
:1名1,000円(2名でお申し込みの場合は2名で1,000円)
東京のみ <上記料金事前振込> 当日参加1,500円

担当者の感想

全国で実施してきました「Fine祭り2016 全国おしゃべり会Special」も、いよいよ最後となりました。2年ぶりの福岡での開催です。福岡にはFineの支部がないので、全国からメンバーが集結しての準備・開催となりました。
当日の天気はあいにくの雨。そんな中でも来てくださる参加者のみなさんのために、精一杯のおもてなしができるようにスタッフ皆で準備をしました。
参加者は福岡県内からや九州の他県から、そして本州からわざわざ来てくださった方もいました。

第一部はFineの紹介から始まりました。
続いて、2名のスタッフによる「不妊体験談」です。私も担当させていただきました。自分が不妊だなんて思ってもいなかった頃、治療の経緯、やめようと決めた時、そして現在の状況についてお話ししました。つらい思いをしている方に、つらいのは自分ひとりではなく、同じような気持ちの人はたくさんいるという事を知ることで気持ちが少し楽になっていただけるように、そして治療をやめようかどうしようか迷っている方に、たとえやめたとしても大丈夫ですよという事をお伝えできるように、と気持ちを込めてお話ししました。

第二部はおしゃべり会です。
「体外受精&顕微受精」「40歳以上」「二人目不妊」のグループに分かれておしゃべりをしました。つらい治療と不安に気持ちが押しつぶされそうになってしまったり、周りの人の心ない言葉などに傷つけられてしまったりと、不妊治療にはつらい事が多いものです。お話をしていて思わず涙があふれてしまわれる場面もありました。しかしそれだけではなくて、「治療中あるある」のお話で盛り上がり爆笑が起きたグループもありました。
おしゃべり会と並行して、不妊症看護認定看護師さん、エンブリオロジスト(胚培養士)さんへの個別相談を実施し、多くの方が相談されました。
終了後は、みなさんとても明るい表情でお帰りになられていました。普段は簡単に話題にできない「不妊」について、じっくりと向き合って、思いをはき出したり、気持ちを共有したりすることができて、少しでもスッキリしていただけたならばスタッフとして嬉しい限りです。
福岡でのFine祭り参加者の感想をいくつかご紹介します。
「最初は一人で参加なので不安でしたが、ざっくばらんに話をすることができて心がすっきりしました」
「今回参加して、他の方の話も聞けて一人じゃないと思えました。 またこういう機会があれば参加したいです」
「また開催してほしいですし、福岡に支部ができますようにと思っています」

全国6カ所で開催された「Fine祭り2016 全国おしゃべり会Special」もここ福岡を最後に無事終了しました。今年のFine祭りに参加してくださったみなさん、不妊症看護認定看護師さん、エンブリオロジスト(胚培養士)さん、ご協賛くださったみなさんはじめ、たくさんの方々にご協力いただき、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
(担当:みゆぺん/Fineスタッフ)

体験談発表者からのメッセージ

結婚してから、通院、タイミング、人工授精、体外受精、顕微授精、流産、出産、2人目断念までのストーリーをお話しさせていただきました。体験談を聞いていただくことで「授かれない気持ち」を会場にいるみなさんの中には一緒に涙を流してくださった方もいました。
心の奥にしまいこんでいる傷ついた気持ちを分かち合いながら、共に涙できる仲間がいることがこんなにホッとすることなのだと感じていただけたのではないかと思います。
このような機会をいただきありがとうございました。
(ふみちゃん/Fineスタッフ)

聞いてくださっている方のお顔を見ると涙が出てしまいそうだったので、つい上の方を見て話してしまいました。
体験談終了後、おしゃべり会のテーブルに集まって来られた参加者のみなさんは、目は潤んでいらっしゃいましたが悲しい顔ではなくてニコニコされていました。
同じ想いを共有することによってどこか気持ちが穏やかになるような、そんな想いを感じていただけたとしたら嬉しいです。
子どもがいなくても不幸になるわけではないし、そうであって欲しいです。何かつらい事があったら、全国に仲間がいることを思い出してください。
(みゆぺん/Fineスタッフ)

*参加者アンケート⇒ 
*当日の様子(スタッフブログより)⇒
*配布物「Fine年報2016年版」やサンプルなど⇒ 
http://ameblo.jp/npofine/entry-12197738746.html
http://ameblo.jp/npofine/entry-12200887033.html
http://ameblo.jp/npofine/entry-12201925590.html


  
【Fineスタッフによる体験談発表】 【開場前の準備】  
  
 【不妊スペシャリストのみなさん】 
  
【不妊スペシャリストのみなさん・Fineスタッフ】  

ページの先頭へ