活動を知る

Fine主催イベント報告レポート

Fine祭り2016全国おしゃべり会special in 東京

「皆さんのお話を聞いたり、自分が思っていることを素直に打ちあけられてうれしかったです」

(参加者の感想)

【第一部】体験談発表
【第二部】当事者同士のおしゃべり会、不妊スペシャリスト相談
第一部では、ふだん聞く機会の少ない不妊当事者の悩みや心との向き合い方、夫婦の関わり方など、不妊体験者の生の声をお届けしました。第二部のおしゃべり会では、不妊当事者同士で日ごろは話せない妊活や不妊にまつわる悩み、治療の話などを語り合い、不妊治療の参考や妊活について考えるきっかけづくりの機会にしました。仲間と交流することで「ひとりぼっちじゃないよ!」というメッセージを発信しました。また、不妊症看護認定看護師さんと認定臨床エンブリオロジスト(胚培養士)さんに、不妊治療等に関する悩みや日ごろ抱えている疑問・質問ができる個別相談(無料)を行ないました。

開催日:2016年10月16日(日) 13時00分〜16時00分
開催場所:銀座キレイが丘本館 5F-B会議室
参加費: Fine正会員・賛助会員・PASサポーター
Fine祭り協賛:無料(2名まで)
Fine エール会員・Fine SNS会員・一般
:1名1,000円(2名でお申し込みの場合は2名で1,000円)
東京のみ <上記料金事前振込> 当日参加1,500円

担当者の感想

今年のFine祭りは、大阪会場を皮切りに、東京が2会場目となりました。
当日は、さわやかな秋晴れも手伝って、大勢の方にお集まりいただきました。会場時間の30分以上前から廊下に列ができ、受付を開始すると、今度はすぐにスペシャリスト相談予約の受付が列になりました。エンブリオロジストさん4名と不妊症看護認定看護師さん2名による相談予約は、3組ずつ、すぐに一杯になり、仮予約の枠もすべて埋まりました。また、メディアの取材もあり、昨今の不妊に関する問題への関心の高さが伺えました。ご来場のみなさんには、NPO法人Fine年報と各種チラシ、協賛クリニック・企業・団体様よりご提供いただいたサンプル品などをお渡ししました。加えて、今年は署名用紙も配布して、ご協力をお願いしました。

第一部の最初は、Fineの紹介です。Fineの設立のきっかけや、現在の活動についてお話ししました。この数日前に政府発表の「2017年度から仕事を続けながら不妊治療を受ける従業員を支援するための制度創設に乗り出すこと」というとても嬉しいニュースがありました。Fineは今年「仕事と治療の両立に関する要望書」を、2月に厚生労働大臣へ、3月に一億総活躍担当大臣へ提出しており、この政府発表は、みなさんからいただいた声があったからこそできたことだと、Fineの活動の中のひとつとしてご紹介しました。

続いては、体験談発表です。一人目は、お子さんを授かった方の体験談、二人目は、二人の生活を選んだ方の体験談でした。会場では、ご自身のお気持ちや経験と重ね合わせてお聴きになっている方もいらっしゃったようで、涙されている方もあちこちでお見受けしました。その様子が発表者にも伝わったのでしょうか、発表者も気持ちが高ぶった感じでした。「直接お話を伺うのはインパクトが大きかったです」「共感できて涙がでました」と感想をいただきました。

第二部は、おしゃべり会です。不妊治療の段階に応じた12のグループにわかれて、おしゃべりをしました。今年も男性のみのグループができました。このようなおしゃべり会には初めて参加されるという方が多く、また、第一部の気持ちを引きずって、目を赤くされたまま参加されている方もいらっしゃいましたが、みなさん、すぐにおしゃべりに熱中し、にぎやかになりました。Fine祭り以外でもおしゃべり会をやっていないかという質問もあり、このような会の必要性を強く感じました。
また、並行して行った、スペシャリスト相談は、仮予約を含め、予約された全員が相談していただくことができました。みなさん、聞きたかったことを質問して今まで抱えていた疑問を解消されたり、勇気づけられたり、前向きな気持ちになったという声をいただきました。

あっという間の3時間。終了後も、会場の外の廊下で、おしゃべりはしばらく続いていましたが、みなさんたっぷりお話しされたのか、スッキリされたご様子でした。ご参加のみなさんが、最後には笑顔で元気になられたご様子を一緒に共有できたこと、さらに、ひとりじゃないと思えた気持ちなどを当日のアンケートにていねいに回答いただいたことは、大変嬉しく思いました。

最後になりましたが、Fine祭りにご協賛いただきましたクリニック、企業、団体の方々、スペシャリスト相談を担当していただいたエンブリオロジストさんと不妊症看護認定看護師さん、そして、ご参加いただいたみなさんに、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
(担当:たね/Fineスタッフ)

体験談発表者からのメッセージ

たくさんの方の前で不妊の体験を話すのはとても緊張しましたがアンケートでたくさんの温かい感想をいただいたり、会場で「共感できました」と声を掛けていただき、嬉しかったです。ありがとうございました。
(おかちゃん/Fineスタッフ)

今回、はじめて治療の終結を含めた体験をお話しさせていただきました。
いつ、どのように終わりにするかの決断には、大きなエネルギーが必要です。どんな選択をしても良いということと、希望をもって前に進む力は誰もが持っていることに気づいていただけたらうれしいです。
終了後に、複数の方に「どうしたら諦められるのか」と質問され改めて、治療の終結は大きなテーマだと実感しました。
(たまこ/Fineスタッフ)

*参加者アンケート⇒ 
*当日の様子(スタッフブログより)⇒
*配布物「Fine年報2016年版」やサンプルなど⇒ 
http://ameblo.jp/npofine/entry-12197738746.html
http://ameblo.jp/npofine/entry-12200887033.html
http://ameblo.jp/npofine/entry-12201925590.html


  
【Fineスタッフによる体験談発表】 【開場前の準備】  
  
 【不妊スペシャリストのみなさん】 
  
【不妊スペシャリストのみなさん・Fineスタッフ】  

ページの先頭へ