活動を知る

カウンセリング事業

カウンセリング公開講座 〜カウンセラーと考える『ふたりの妊活』〜


※定員に達したため締め切りました


「子どもを授かりたい。でも最近少し疲れたな」
「不妊治療を休みたいけど、休むのが怖い」
「私たち夫婦の不妊治療、これからどう考えたらいいのかな?」
「医療施設から夫婦で話し合ってくださいって言われたけど、何を話せばいいの?」
「私の不妊経験・・・誰かの役に立てないかな?」
「不妊カウンセリング、受けてみたいけど、私に必要なの?」

長年、生殖医療(不妊治療)の現場で、臨床心理士として不妊当事者の心と向き合ってこられた平山史朗先生の著書「妊活に疲れたら、開く本」出版を記念して、カウンセリング公開講座〜カウンセラーと考える『ふたりの妊活』〜を開催します。
  ※平山史朗先生著書 「妊活に疲れたら、開く本」   
  

第一部は、不妊カウンセリングの第一線で活躍され、Fine主催「不妊ピア・ カウンセラー養成講座」の講師も務めてくださっている、生殖心理カウンセラー 平山史朗先生の講演です。

ある日、突然二人に降りかかった「不妊」。“この事実をどう受け入れてどう生きていくのか”、“心理カウンセラーがどんなことを考えているのか”、“カウンセリングが当事者にとってどのように役に立つのか”。
そして、当事者の方から相談の多い“家族や周囲との付き合い方”、“不妊治療との付き合い方”、“治療施設や医療者との関係性を作るためのポイント”など。
講演では「それはそうだけど・・・」な正論ではなく、現場にいらっしゃる平山先生だからこその、本音を今回特別にお話いただきます!
生殖医療の現場に携わっている先生のお話は、大変貴重です。

第二部は、 Fine公認ピア・カウンセラーによる体験談発表です。
不妊当事者でもあるピア・カウンセラーは、“当事者としての自分の心、パートナーの心とどう向き合ったのか”、“当事者である自分が、なぜ不妊カウンセラーを目指したのか”、“カウンセラーになる前となった後、自分の気持ちにどう変化があったのか”など他では聞くことができない心の声、赤裸々な胸の内をお届けします。

一部、二部ともに Fineのイベントでしか聞くことができない内容です!
この機会にぜひ、ご夫婦でそろってご参加ください。
もちろん男性おひとり、女性おひとりでの参加も歓迎いたします。
お子さんの同伴はご遠慮ください。


日時:2018年3月24日(土) ※定員に達したため締め切りました

        12時30分〜16時頃 (予定)  ※12時より受付開始予定

会場:江東区文化センター 4階 第2会議室・第3会議室
     〒135-0016 東京都江東区東陽4-11-3
     東京メトロ東西線「東陽町」駅 1番出口より徒歩5分 
     ※地図下記URL参照
     https://www.kcf.or.jp/koto/access/

対象:不妊に悩む方、または関心のある方、カウンセリングに興味のある方など、どなたでも
    (医療関係者等も参加歓迎)

定員:30名 (予約優先。定員になり次第締め切らせていただきます)


公開講座の内容・参加費

第一部

[ 講演 ] 「私たちらしい、疲れない妊活のヒント」
     平山史朗先生:東京HARTクリニック 生殖心理カウンセラー/臨床心理士
     日本生殖心理学会 副理事長
     ※講師プロフィール 

第二部
[不妊当事者による体験談発表] 2名
[ピア・カウンセラー養成講座の説明] 
[質問コーナー(第二部終了後)]

「不妊ピア・ カウンセラー養成講座」受講についての個別相談、認定後のFineでの活動「ピアサポートチーム」について、先輩ピア・カウンセラーが対応します。

参加費:Fine正会員/賛助会員/PASサポーター  無料(2名まで)※事前予約のみ
エール会員、Fine SNS会員  500円 (1名)
その他一般  1,000円 (1名)
※参加費は当日お支払いください。


申込方法 ※定員に達したため締め切りました

「申し込みフォーム」よりお申し込みください。

  • 携帯用申し込みフォーム
  • スマホ・パソコン用申し込みフォーム


    *申し込み受付後、3日以内に受付確認の返信をいたします。
    *お申し込み後、4日以上たってもFineから返信がない場合には、再度ご連絡・お問い合わせください。
    ※携帯アドレスでお申し込みの場合で、「パソコンからのメールの受信を拒否」 に設定している場合は、「j-fine.jp」を 「許可リスト」 に加えてから、再度お申し込みください。



  • お問い合わせ

    この「カウンセリング公開講座」に関するお問い合わせは、 f-event★j-fine.jp (★を@に変えてください)まで、お気軽におたずねください。

    ページの先頭へ