活動を知る

カウンセリング事業

カウンセリング公開講座(第3回)

「夫婦は唯一望んで選んだ『家族』」という言葉に感動しました」

(参加者の感想)

講演「不妊を二人の問題として取り組むために 〜不妊のことを夫婦でわかりあうために〜 」(平山史朗先生)と2名の不妊当事者による体験談発表を行ないました。


開催日時:2010年7月31日(土)  13時00分〜16時15分
開催場所:古石場文化センター 第1、2研修室(東京都江東区)
受講料  Fine正会員:無料(正会員含み2名まで) 要予約
       事前振込:エール会員・Fine SNS会員:500円 / 一般:1,000円
       当日払い:正会員以外すべて1,500円


【平山先生講義】

【来場者プレゼント】







担当者の感想

「不妊のこころ」について学ぶ「カウンセリング公開講座」の3回目を開催しました。カップルでの参加も多く、またキャンセルをする方がなく、申込者全員が参加してくださいました。
今回は暑い中ご参加者くださった皆さまに、株式会社 山忠さんがご提供してくださった夏用腹巻「おなかありがとう」を差し上げることができ、感謝の気持ちを伝えることができたかな、と思いました。

講演では、平山先生がカウンセラーの立場から、不妊のことに限らず夫婦間の心理について男女では考え方に違いがあることをわかりやすく、「なぜそうなるのか」「どうすればいいのか」について解説してくださいました。私は先生のお話を聞き、大切なのは「自分はどうしたいのかを率直に伝えあえること」であるとわかりました。

Fineメンバー2名による、不妊体験談発表は、自分をしっかり見つめて振り返っている話で、落ち着いた話しぶりもあり聞き入ってしまいました。
参加者の皆さまが聴き入っている姿をみて、有意義な一日を過ごしていただけたのではないかと思いました。
(担当:みゆぺん/Fineサポートメンバー)

体験談発表者からのメッセージ

私の体験談は子どもが欲しくて不妊治療をしたけれど、授からなかった体験談です。それでも、参加者の方から、参考になったという言葉をいただきました。私の体験がお役に立てたことがとても嬉しいです。
(Fine公認ピア・カウンセラー/辻 英美)

今回、初めて体験談の発表をさせていただきました。とても緊張しましたが、参加者の皆さまが真剣に聴いてくださる姿を拝見して少しはお役に立てたのかな、と嬉しく思いました。(Fineスタッフ/オスロ)


参加者アンケート⇒http://j-fine.jp/top/event/kouza-anketo100731.html
当日の様子(スタッフブログより)⇒http://blog.livedoor.jp/npofine/archives/65396488.html


ページの先頭へ