活動を知る

カウンセリング事業

カウンセリング公開講座(第4回)

「不妊問題については、二人で話し合うことが重要だと思った」

(参加者の感想)

[講演]
 「どうして あたしの/俺の 話は通じないのか 〜不妊治療について夫婦で話し合うコツ〜 」
 (平山史朗先生)
 「ピア・カウンセラー養成講座の説明」(小倉智子先生)
[体験談発表]  不妊当事者による体験談発表(2名)を行ないました。


開催日時:2012年2月11日(土) 13時15分〜16時30分
開催場所:東大島文化センター 第1研修室(東京都江東区)
受講料  Fine正会員:無料(正会員含み2名まで) 要予約
       事前振込:エール会員・Fine SNS会員:500円 / 一般:1,000円
       当日払い:正会員以外すべて1,500円


【平山先生】

【小倉先生】







担当者の感想

「不妊のこころ」について学ぶ、カウンセリング公開講座も4回目となりました。

平山先生の講演は、不妊治療中の夫婦の会話について、男女の考え方の違いやそれに上手に対処していく方法などをわかりやすくお話しされました。参加された皆さんにも共感できる部分が多かったのか、例え話には笑い声なども聞こえ、和やかな雰囲気の中、たいへんためになる時間になったように感じました。
休憩をはさみ、スタッフからFineの活動紹介をさせていただき、次に小倉智子先生から、Fine主催「ピア・カウンセラー養成講座」の説明がありました。 「ピア」とは仲間という意味で、養成講座は、不妊で孤立しがちな当事者(仲間)の心のサポートを目的として学ぶ講座です。2005年から東京で開講してきましたが、今春(次年度)から『eラーニング』というシステムになり、パソコンがあれば自分の都合に合わせて受講できるように変わります。今までは、遠方で受講が難しかった、お仕事で土日の受講ができないなど、いろいろなご事情で受講できなかった方も、気軽に受けられるようになります。

最後に、Fineメンバー2名による不妊体験談発表。 それぞれが、不妊治療中の夫婦の気持ちを語りました。ピア・カウンセラー養成講座の受講生は、講座の感想についてなども話しました。治療中に夫との温度差を感じたという話は、私も同様の体験をしたことがあり、当時のもどかしい気持ちを思い出しました。参加者の皆さんも真剣に耳を傾けており、私と同じように感じた方もいらっしゃるのではないかと思いました。
また、今回の講座には、Fine名誉会員第4号の東尾理子さんもご参加くださって、最後まで講座を聴講されていました。

回を重ねるたびにカップルで参加されている方が増えていて“不妊は夫婦の問題”と、とらえる人が増えているようでうれしく思いました。
(担当:もんちゃん/Fineスタッフ)

体験談発表者からのメッセージ

大勢の前で不妊の話をしようと思ったのは、同じ不妊の方に一人で悩まないで欲しいと思っているからです。不妊はつらくかわいそうなことではありません。不妊ライフをうまく過ごしてほしいと思っています。
(ピア・カウンセラー養成講座受講生/倉石孝子)

不妊治療における夫婦の葛藤について、お話しさせていただきました。今回、話すことで自分自身にも新しい気づきもあり、とても有意義な体験となりました。(Fineスタッフ/小宮町子)


参加者アンケート⇒http://j-fine.jp/top/event/kouza-anketo120211.html
当日の様子(スタッフブログより)⇒http://blog.livedoor.jp/npofine/archives/65643181.html


ページの先頭へ