活動を知る

平成24年度横浜市不妊講演会

「不妊治療とこころのケア ~当事者の体験から~」

横浜市主催の市民講座「不妊症~心のカウンセリング講座~」でFineカウンセリング・スーパーバイザーの小倉智子先生と、Fine松本が講演、その後のお話会でFine公認ピア・カウンセラーが進行役を務めました。

主催:横浜市こども青少年局 

開催日:2012年9月17日(月・祝)

 

担当者の感想 yokohama120917-2.gif
今年もお声掛けをいただき、横浜市様の講演会+お話会に参加させていただきました。
私自身は数年ぶりに参加させていただく横浜市さんの公開講座で、とても楽しみにしていました。会場に到着すると、ご担当の皆さまはすでに準備をほぼ万端整えてくださっていて、私たちFineのスタッフを、満面の笑顔で迎えてくださいました。その笑顔にホッと癒され、緊張がほぐれます。

三連休の最終日、朝10時という早い時間からの開始で、こんなに早くから参加者の方たちいらっしゃるのかなぁ・・と、ちょっと心配していたのですが、その心配をよそに、予約の参加者の皆さんが次々に訪れ、会場は埋まっていきました。カップルでのご参加も目立ちます。こういう場にカップルで参加されるって、とても素敵なことだなぁ~と、また心がほっこりしました。
講演はFineカウンセリング・スーパーバイザーの小倉智子先生と、松本の2名。タイトルは同じ「不妊治療とこころのケア」で、生殖心理カウンセラーと不妊当事者というそれぞれの立場からのお話をさせていただきました。
小倉先生はカウンセラーの視点からの「不妊の心理」をさまざまな段階、角度から捉えた話を展開。皆さん熱心に聴いていらっしゃいました。また「男性はこういう言動が多くて・・」「女性はこういう傾向があるから・・」の話では、参加のカップルが思わず苦笑、ひじでつつく姿など見られ、私たちスタッフも「そうそう!」とうなずくことしきり。なかなか普段聞くことのできない「不妊の心理」をわかりやすくお話しされました。
私はFineの成り立ちや活動、自分自身や友人たちの経験を通して、現在の不妊体験者の皆さんへのリクエストやヒントをお伝えしました。皆さん真摯に聴いてくださり、終わった時にはやっと緊張が解けて、ホッと胸をなでおろしました。

その後のお話会では、Fine公認ピア・カウンセラー3名がファシリテーターを務めさせていただき、グループに分かれてのお話会を実施。多くの参加者の方が、そのままお話会まで残られて、一つのグループが人数が多くなりすぎたため、急きょ私も助っ人でグループの進行役をさせていただきました。といっても私の場合は、ほとんど参加の皆さんのお話をお聞きしている状態。皆さん全員が初対面の方だったので、最初のほんの一瞬だけ、かたい雰囲気もありましたが、いったん話が始まると、次から次に質問や体験談などが繰り出され、「普段こういうこと話せないから」「あまりこの話題は訊けなくて」など、話が尽きません。結局時間をオーバーしても、まだどのグループも全然話が終わらないほどの盛り上がりよう。15分以上オーバーしての、お開きとなりました。
皆さんの表情が、朝の入場の時とはまったくちがっていて、パッと明るい笑顔になってらっしゃるのが、とても印象深かったです。(担当:松本亜樹子/Fineスタッフ)

yokohama120917-1.jpg

 

Fine (2012年9月19日)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://j-fine.jp/activity/article/mt-tb.cgi/30

ページの先頭へ