活動を知る

学会・研究会(レポ)の最近のブログ記事

聖路加国際大学 認定看護師教育課程(不妊症看護コース) 「生殖医療と社会」

「自助グループ活動の国内外の動向」

「看護師の関わりが、その患者のその後の人生に多大な影響を及ぼす可能性があるということを知ることができました。」(受講生の感想より)

主催:認定看護師教育課程 - 聖路加国際大学 教育センター

開催日:2017年9月30日(土)

Fine (2017年11月 8日)

(第12期)生殖心理カウンセラー養成講座・(第11期)生殖医療相談士養成講座

不妊体験者としてお伝えしたいこと

生殖心理カウンセラー養成講座・生殖医療相談士養成講座(合同開催)にて、不妊体験者として医療者やカウンセラーに求めるサポートやセルフサポートグループの役割などについてお話しさせていただきました。

主催:日本生殖心理学会

開催日:2017年7月1日(土)

Fine (2017年8月 1日)

福島県立医科大学医学部人間科学講座

臨床倫理について講義しました

主催:福島県立医科大学医学部人間科学

開催日: 2016年11月25日(金)

Fine (2016年12月31日)

(第11期)生殖心理カウンセラー養成講座・(第10期)生殖医療相談士養成講座

私の不妊体験について

リアルな不妊治療の体験や、治療中の気持ちを話してくださり、患者側からの治療に対する辛さや悲しみを聞ける貴重な機会でした。(参加者の感想)

主催:日本生殖心理学会

開催日:2016年8月6日(土)

Fine (2016年12月26日)

2015年度 ( 第9期 )生殖医療相談士養成講座

不妊治療とサポートの必要性~当事者としてお伝えしたいこと~

日本生殖心理学会様の「生殖医療相談士養成講座」において、当事者に必要な支援や心理サポートの重要性、当事者団体であるNPO法人Fineの活動についてお話しさせていただきました。

主催:日本生殖心理学会

開催日:2015年8月30日(日)

Fine (2016年5月17日)

第33回日本受精着床学会総会・学術講演会 教育講演5

「患者が求める医療施設および医療従事者(医師、培養士、看護師)」

第33回日本受精着床学会総会・学術講演会で、患者の立場からの講演を行ないました。

主催:日本受精着床学会

開催日:2015年11月27日(金)

Fine (2016年1月15日)

福島県立医科大学医学部人間科学講座

生殖補助医療をめぐる諸問題について講義しました

主催:福島県立医科大学医学部人間科学講座

開催日:2015年12月4日(金)

Fine (2015年12月31日)

第20回記念 日本臨床エンブリオロジスト学会 ワークショップ・市民公開講座 他

「不妊当事者からのメッセージ」

施設の壁を越えて切磋琢磨するワークショップが圧巻!

主催:一般社団法人 日本臨床エンブリオロジスト学会

開催日:2015年1月10日(日)~11日(月) (1日目:ワークショップ・学術大会/2日目:市民公開講座)

Fine (2015年3月 3日)

第33回学術大会 モーニングセミナー1「不妊治療を極める」

患者からみた生殖補助医療の現状と課題について

NPO法人Fineとして初めて、「男性学」の学会で講演しました。

主催:日本アンドロロジー学会

開催日:2014年6月13日(金)

Fine (2014年11月23日)

第5回アジア太平洋生殖医学会(ASPIRE) Access/ iCSiシンポジウム

「日本の患者の観点から」

第5回アジア太平洋生殖医学会(ASPIRE)の患者セッションで日本の患者の立場から、Fineが実施したアンケート結果より、病院選びと転院に関する発表をしました。

主催:ASPIRE(Asia Pacific Initiative on Reproduction(アジア太平洋生殖医学会)) 

協力:iCSi(International Consumer Support for Infertility(国際不妊患者団体連合))                       AccessAustralia

開催日:2014年4月4日(金)~6日(日)(Fineの発表は5日(土))

Fine (2014年7月30日)

ページの先頭へ